病院から老健へ転職する看護師って?

看護師を目指す人にとって、多くの場合に最初の職場として選ぶのは、病院やクリニックなどの医療機関でしょう。
しかし、医療機関での看護業務というのは、過酷を極める場合があります。
大きな病院などでは、配属される診療科によっても大きな違いがあるようです。
このような場合、覚悟を決めて看護師業務に臨んだとしても、体力的に続かずに転職を考える人も出てきます。
そして中には、医療機関ではなく老健などの老人福祉機関へ転職する場合も多いようです。
何が違うのかと言えば、やはり医療行為でしょう。
老健は、基本的には介護が必要な年配の方が入る施設です。
病気などで入院して体のどこかが不自由になり、病気自体の治療は終わったから退院出来るんだけれでも、自宅に帰っても環境も設備も整っておらずに生活を続けられない場合などに、退院した後もリハビリなどを重ねながら、障害を抱えていても生活できる環境や人的要素を整えるために、一時的に入所するのが老健ですから、病気の治療という医療行為よりも生活を支えるための介護に必要な医療的処置、という意味合いが強くなります。
ですから、あまりしっかりとした医療行為を望まない看護師にとっては、老健への転職というのも一つの選択肢なのです。