外貨両替と日本国内における両替の違いは?

異なる通貨間や同一通貨間で、異なる単位での通貨や紙幣を交換することを「両替」といい、米ドルと日本円の交換をおこなう場合では「外貨両替」と呼ばれています。
同一通貨での両替をおこなう場合は、等価よりも小さい単位の通貨に交換することが多いという特徴があります。
日本国内において銀行や国際空港の他に外貨を取り扱うことが殆どないので、日本円同士の相互交換を意味することが多い。
また、近年では銀行に設置されたATM(現金自動預け払い機)に「両替機能」を取り入れていることが多く、一万円以上の金額を引き出す際には金額確認画面に「両替」キーが表示され、この「両替」キーを選択すると一万円が千円札十枚で払い出されます。
また、両替商や銀行などの金融機関でおこなわれる外貨両替に関しては、為替のレートに対して1~5%程度のコミッションが加算されていることが多く、ドルから円に両替する場合や、その逆の場合においてもコミッションが必要となります。
http://xn--t8j211goqhmqg2rd96fhit2hc23k.skr.jp/