フラット35借り換えを上手に行うには?

長期固定金利のフラット35の金利が下降を始めてから数年経ちますが、とうとう今年(2015年)2月に1.
1%の最安値を記録しました。
その後、徐々に持ち直してきてはいるようですが、急激な回復には至らず1%台で推移しています。
2009年頃までは、フラット35の金利は3%台でしたから、約6年でこの金利差は誰も予想できなかったと思います。
簡単に試算してみても、2009年に金利3.
07%でフラット35を借り入れた人が、ローン残高2000万円で残り返済期間20年の条件で2月(金利1.
1%)に借り換えたとすると、返済総額は約400万円減額になります。
フラット35なら、今後の金利変動に影響されませんから、現在、変動金利で借り入れている人にもお勧めです。